戦略・総合系コンサル内定までの道を全公開

リンク・アイから勧誘電話を受けた話

リンク・アイの方とお話ししました!!

大量にある就活サービスの一つであるリンク・アイのエージェントさんと電話して、お話しを聞かせていただきました!!

・・・

ただのリンク・アイ就活サービスへの勧誘だったんですけどね(~_~;)

経緯を話しますと・・・

現在絶賛就活中の仲の良い先輩Kさんから「就職活動するなら紹介したい人がいる」と言われ、

リンク・アイのIさん紹介され、電話をすることになったということです。

ちなみに電話をするまで、リンク・アイという会社やサービス自体全く聞いたことはありませんでした( 一一)

リンク・アイとは

 

私は全く知らなかったのですが、人事コンサルであるリンクアンドモチベーションという有名会社があるみたいです。

そのリンクアンドモチベーション子会社として就活サポートを行っているのがリンク・アイだそうです。

独自の講座やセミナーと共に、講座参加者の就活生に対しメンターと1対1で1時間以上の面談を平均で3,4回行い

自己分析のサポートを行ってくれるサービスを行っています。

また自己分析において、就活生の価値観とマッチしそうな企業に対し、

実際に企業側へ紹介してくれて特別選考ルートで採用試験に挑むことができるそうです。

ところがどっこい、この話がリンク・アイの就活サービスに勧誘するためのうたい文句なだけだったみたいです。

それに気づいたのは、半年もたってからです。

(2017年11月現在)

リンク・アイのIさんと電話して・・・

リンク・アイのIさんはめっちゃテンション高い方でした。

しかも勘違い意識高い系に近い方でした

Iさん「いま僕が社会の問題点として提起したいのは、

せっかく就活しても自分とマッチしていないところに就職してしまっていることだよ。

知ってる?新卒の3年以内の離職率って4割を超えてるんだよ?」

離職率の高さをミスマッチの統計的データだと捉えられてるみたいですね

Iさん「そこでうちのリンク・アイは、今の就活生にそんな目に合わないように、

就活生11人の価値観を重視して、各人に合うような就活サポートをしているんだ

ふむ

Iさん「リクナビやマイナビみたいに、ただのウェブ上の診断テストで適性の会社を紹介するようないい加減なことはしない。

僕たちの会社は1人とじっくり時間をかけて面談をして、その人の価値観を見るんだ

確かに診断テストだけで適性を測られるのはちょっと物足りないですよね。

どこも同じように企業への紹介料で収益化している訳ですが、それなら診断テストよりは時間かけたプロとの面談のほうが信頼性はありそうです。

リンク・アイのここが凄そう!!

やはりリンク・アイの惹かれるところは面談があるところですね

他の就活サービスの場合、ケース面接やグループディスカッションなど選考過程への訓練が主です。

しかし、リンク・アイは「自己分析」を主眼に置いて、

3,4回の面談の中で「自己分析」を集中的に行い、プロからみた自分への分析を取り入れることができるそうです。

他のサービスではない面があることは非常に興味深いです。

ってこの時は思ってたんですけどね、結局面談は1回だけで、優秀そうな人にたくさん紹介案件をまわすという他の就活サービスと変わらない感じでした

(2017年11月)

リンク・アイのここが微妙そう・・・

電話をする前、LINEを通してIさんと連絡を取った時、

まったくリンク・アイの社員だとは名乗らず正体を明かさないまま、

「君の出身大学は?」

とか

「いつ会える?」

と聞いてきました。

ふつううううううに、怪しすぎるでしょ、ナンパか?(´・ω・`)

こちらが聞くまではリンク・アイということは言ってくださりませんでした。

超失礼!( `ー´)

 

電話中も、はじめはこちらの話を聞くていを装っていましたが、後半は終始、リンク・アイへの勧誘・・・

「今登録して!!

とか

「セミナーへの登録を100%するって気持ちになったかな?」

とかめっちゃ脅迫じみたことしてくるんですよ

向こうがガッついてきたのでシュシュは変な風に冷静になってしまいました。

あと、会社を紹介するということでしたが、これって提携会社しか紹介してくれませんよね。

これってめっちゃ限られてませんか?

ネク〇ベルとかもそうですけど、特別選考と称して紹介されるのってだいたいベンチャーらしいです。シュシュが目指しているような外資系を紹介してくれるとは到底考えられないです。

リンク・アイへ参加してみます!!

と、こう明らかにマイナスポイントのほうが多いような気がしますが、リンク・アイへ参加してみようと思います。

理由としては、自己分析の面談をじっくりやってくれるというところですね。シュシュは思い込みがかなり激しいので、他人の目からみた自己というのは思いもよらない自分の発見があるかなと思いました。

自己分析の面談はなく、あったのは外資系インターンに参加した学生を読んで、就活状況を把握するだけの面談ですね(2017年11現在)

あと単純に自分の価値観がどこにあるのかというのも、気になりますしね。

リンク・アイの面談へ到達するルートは以下です。

①会員登録

②キャリアスタートセッションへの参加

③面談

まずセミナーを受けろとのことです。

無料なのでハードルはあまり高くないですね。セミナーでは就活についての概要グループディスカッションを行うそうです。

その後、日程調整の上、面談が受けられるということです。

 

不安で一杯のサービスですが、5月は食わず嫌いしないでいろいろ参加してみたいと思っているので、リンク・アイの方にも飛び込んでみます!!

*この記事は否定的に書かれてますが、たまたま勧誘してきたリンク・アイの社員がひ嘘と誇張を混ぜた勧誘で酷かっただけで、他の社員の方はとても素晴らしい方たちばかりでした。

それに、参加するスタートアップセミナーは、就活のことをまだ何も知らないという段階では、受けても損はない講座でした

念の為、フォローとして入れておきますね

次の記事→意外と良かったリンク・アイのセミナー

この記事を読んだ人に人気な記事!!

 

リンク・アイ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.